×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

12.松原隆一郎『東大でも暮らし〜柔道部松原教授のサブ・テキスト〜』

著者プロフィール/松原隆一郎

1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授、社会経済学者。社会経済学・相関社会科学を専攻とした学者として『諸君!』『中央公論』などの論壇誌に寄稿している一方で、格闘技やプロレスにも造詣が深く、東京大学柔道部部長に就任。『ゴング格闘技』誌上では「教えて、教授!」を連載中。著書:『日本経済論』『ケインズとハイエク』

【博士による著者紹介】

最もケンカが強い日本の知性。日本一偏差値の高いアマチュア格闘家。ボクとは高円寺のジム『U.W.F.スネークピット・ジャパン』で知り合った。何故、この依頼を引き受けてくれたのか謎の東大教授。